メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

集い・震災伝承・復興発信の場に-大槌町文化交流センター開館-(岩手県大槌町)〔平成30年6月10日〕

大槌町中心部の末広町に、旧しゃふれあいセンターと町立図書館の機能を集約した町文化交流センター「おしゃっち」が完成し、開館を祝う式典とイベントが開催されました。

「おしゃっち」は木造3階建てで、1階には広々としたエントランスホールや移動観覧席136席を設けた多目的ホールがあり、2階には交流コーナーと震災伝承展示室が、3階には町立図書館や学習コーナーが整備されました。施設の半分は県産材を使っていて木のいい香りと、たくさんの窓から降り注ぐ太陽の光が、とても居心地の良い空間を作っています。

震災伝承展示室は、二度と津波による犠牲者を出してはならないという思いから、震災を忘れないように、当時の町内の様子を写真や映像などで展示したり、次世代へ伝える取り組みとして2013年から大槌高校復興研究会が継続して行っている定点観測写真やパネルを展示し、復興への思いを発信する場となっています。また、展示内容を定期的に更新していくことにより、何度も足を運んでもらえるような工夫も考えられています。

当日のイベントでは、震災後、毎年同町を訪れている世界的指揮者の佐渡裕さんとスーパーキッズオーケストラや町民楽団がエントランスホールでコンサートを開き、屋外では大槌町のキッチンカーや屋台からおいしそうな匂いが広がり、町内外から多くの方で賑わいました。

20180610_ph1_iwate.JPG
20180610_ph2_iwate.JPG
20180610_ph4_iwate.JPG
20180610_ph3_iwate.JPG

(以上)


ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ