メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

ならはスマートインターチェンジ起工式(常磐自動車道)(福島県双葉郡楢葉町)[平成29年5月14日]

5月14日、常磐自動車道「ならはスマートインターチェンジ(IC)」の起工式が行われました。

起工式は「ならは天神太鼓うしお会」による和太鼓演奏がオープニングを飾り、楢葉町長や東日本高速道路東北支社長による挨拶、来賓祝辞の後に関係者によるくわ入れが行われました。

自動料金収受システム(ETC)専用のならはスマートICは、既に使用されている「ならはパーキングエリア(PA)」に連結して整備されます。ETC搭載車は全て24時間いつでも利用でき、完成すれば楢葉町中心部との交通の利便性が図られ、救急医療活動の向上や渋滞緩和等が期待されます。特に救急医療の面では、町中心部から三次救急医療機関(*)の総合磐城共立病院までの所要時間が現在より約8分短縮され、40分となる予定です。

ならはスマートICは、平成31年3月の利用開始を目指しています。人々の生活が充実し、地域経済の活性化や復興の加速化もますます期待されます。

*三次救急医療機関・・・交通事故等による重傷かつ緊急性の高い症例に対応する医療機関。

20170514_ph1_fukushima.jpg  20170514_ph3_fukushima.jpg
20170514_ph2_fukushima.jpg

(以上)


ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ