メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

献上桃の郷から極上スイーツ誕生 桑折町の「献上桃ソルベ」(福島県福島市)[平成29年3月3日]

くだもの王国福島県は、全国第2位の生産量を誇る桃の産地です。中でも桑折町は、高品質な「あかつき」を23年連続で皇室に献上していることで知られています。

桑折町では、この献上桃「あかつき」を使用した氷菓「献上桃ソルベ」を開発し、3月3日の「桃の節句」に合わせ、福島市のホテル福島グリーンパレスで、お披露目会を開催しました。

冒頭、髙橋桑折町長は、「献上桃ソルベは第一弾。これを弾みにして、今後も町おこしや復興に頑張っていきたい。」と挨拶しました。

また、福島復興局から木幡局長が出席し、「スイーツは地域のイメージを明るくする。長年の献上桃への取り組みが、高いブランド力となって風評払拭につながって欲しい。」と祝辞を述べました。

このソルベには「あかつき」の果汁が75%も使用されており、まるで本物の桃を食べているような、優しい香りと甘味を楽しめます。パッケージは白を基調に金文字などでデザインされ、献上桃らしい厳かさや上品さが感じられます。

「献上桃の郷」桑折町の自信作「献上桃ソルベ」が、福島の桃の6次化商品として、福島の桃とともに多くの方々に愛されることが期待されます。ぜひ桑折町へお越しになり、ご賞味ください。

【商品情報】
定価:税込300円
販売場所:うぶかの郷、リカーショップ旭屋、大野屋菓子店、桑折町内セブン-イレブン、コラッセ福島(3月6日~)


 

特集記事「スイーツからはじめよう。」にも、関連記事が掲載されています!
【献上桃ソルベ:(福島県桑折町)】

※全体版はこちらからご覧ください。

20170303_ph1_fukushima.jpg 20170303_ph2_fukushima.jpg 20170303_ph3_fukushima.jpg
 20170303_ph4_fukushima.jpg 20170303_ph5_fukushima.jpg 20170303_ph6_fukushima.jpg
 

(以上)


ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ