メニュー
閉じる

「平成30年度復興人材の確保及び運用に関する調査」結果について

東日本大震災の被災自治体では、復興業務を進めるに当たり、マンパワーの確保が課題となっています。

復興庁では、「平成30年度復興人材の確保及び運用に関する調査」として、被災自治体等を対象にヒアリングを実施し、マンパワー確保の現状と今後の見通し、確保をめぐる課題と対応を調査しました。その際、不足する職員を外部から確保する取組のみならず、事業・事務の効率化や組織の見直し等による対応についても調査ました。


ページの先頭へ