メニュー
閉じる

渡辺復興大臣記者会見録[令和元年06月18日]

渡辺復興大臣閣議後記者会見録(令和元年6月18日(火)9:40~9:43 於)復興庁会見室)

1.発言要旨
 本日、この後、宮城県気仙沼市を訪問し、水産加工業の復興状況等を視察してまいります。
 また、明後日20日には、岩手県陸前高田市を訪問し、今泉地区の区画整理の進捗状況などを視察する予定でございます。
 現場主義の方針のもと、今回は市長や関係者からも、特に課題となっている事項を中心に、しっかりとお話を伺いたいと考えております。
 

2.質疑応答
(問)今回の岩手県陸前高田市の視察ですけれども、福島県以外の場所では、陸前高田はかなり復興の進捗状況の進み具合が遅い場所だと思うのですが、具体的にどんなことを現地でご覧になって、どのように今後の政策に活かそうと思われていますか。
(答)陸前高田、いわゆる今泉地区というところは、区画整理を行っているところですが、その進捗状況を実際に見てきたいというふうに思っております。
 その上で、今後の対応を考えていきたいというふうに思います。
(問)今の点で、今後に活かしたいということですけれども、復興・創生期間内にインフラ工事が終わるか終わらないかという、かなり端境期の微妙なところもあると思うのですけれども、そういう部分も含めて、今後どのように活かしたいというお考えでしょうか。
(答)まずは、復興・創生期間の中で、できるだけのことは全てやっていただきたいということでありまして、その後の状況については、その進捗を踏まえた上で検討していくというふうに思います。

(以  上)

ページの先頭へ