メニュー
閉じる

今村復興大臣記者会見録[平成29年3月24日]

今村復興大臣閣議後記者会見録(平成29年3月24日(金)10:05~10:07於)復興庁記者会見室)

1.発言要旨
 おはようございます。今日は、明後日26日日曜日、福島県を訪問しまして、相馬市内にて開催される東北中央自動車道阿武隈東道路開通式及び田村市内で開催する復興庁事業の福島復興産業人材育成塾卒塾式に出席してまいります。
 また、須賀川市にある藤沼ダム、これは農業用なのですが、震災で決壊したえん堤が復旧しましたので、それを視察いたします。
 こういったインフラの復旧の状況、それから、産業人材育成塾の参加者の方々の御意見を伺って、すべからく福島の、あるいは被災地の復旧・復興を加速化していきたいというふうに思っております。
 私の方からは以上です。
2.質疑応答
(問)ちょっと復興とは関わりはないんですけど、学校法人森友学園の籠池さんの証人喚問が昨日、国会で行われましたけれども、いろいろ100万円の寄付受け取ったとか、安倍昭恵首相夫人に相談したとか、そういう証言ありましたけど、大臣としての受け止めについて教えていただけますか。
(答)いや、僕もまだいろいろテレビや何かで見ているだけですから、何とも言えません。今、国会の方でもいろいろやってあれでしょうから、そういったものを見守っていきたいと思います。
(問)ちょっと同じ質問の続きになってしまうんですけれども、その今回の森友学園の関係で、昨日渦中の方が証言を、証人として呼ばれたんですけれども、その全体としては一方的な意見に終始して、相手側の意見も聞くべきではないのかというような、どっちの意見も聞くのが当然なのかもしれないんですけれども、そういった声も起きているんですけれども、その中で例えば総理夫人が実際今度例えば証人に呼ばれたりした方がいいんじゃないのかという声も国会内では出てきているようなんですけれども、その考え、見方については、双方の意見を聞いた方がいいという意見については、いかがお考えでしょうか。
(答)いや、そのどっちを指して相手側とか、あなたの質問はよく分からないけど、いずれにしろそれぞれ言って、ああいう発言をしてあるわけですから、それはそれで、それがどっちがいいとか悪いとか、私の口からは何とも言えないんですけどね。

(以    上)

ページの先頭へ