メニュー
閉じる

髙木復興大臣記者会見録[平成28年3月1日]

髙木復興大臣閣議後記者会見録(平成28年3月1日(金)08:32~08:35 於)官邸エントランス)

1.発言要旨
 私からは2件申し上げます。
 第21回復興推進委員会の開催についてでございます。第21回の復興推進委員会を3月4日に開催いたします。当日は、復興・創生期間における東日本大震災からの復興の基本方針案について、意見交換を行うこととしております。この基本方針案は、前回委員会で御審議いただいた骨子案をもとに、これまでに被災地からいただいた御指摘や御意見等を踏まえて作成したものでございます。復興推進委員会の詳細につきましては、事務局に御確認をいただきたいと思います。
 続いて、2件目でございますが、第3回東北観光アドバイザー会議の開催について申し上げます。第3回東北観光アドバイザー会議を明日2日に都内で開催することといたしましたので、お知らせをいたします。第1回会議では委員の方々から、第2回会議では東北6県や国土交通省東北運輸局、東北地方整備局から、それぞれのお考えを発表していただきました。今回第3回会議では、民間事業者の声も聞くべきだという委員からの御要望も踏まえて、仙台国際空港株式会社などの民間事業者からのヒアリングを行う予定でおります。また、今年春を目途に提言をいただくことといたしておりますので、これまでの発表や御意見を踏まえ、提言に向けた御議論もいただきたいと考えております。引き続き委員の方々には様々な御意見をいただき、充実した提言をいただけることを期待しているところでございます。
 私から以上でございます。

2.質疑応答
(問)今日は来年度の予算案が衆議院を通過する見込みで、これによって年度内の成立が確実となりますけれども、復興大臣のお立場として、コメントがございましたらお願いします。
(答)そうですね、速やかに予算が成立されて、しっかりとしたその予算によって復興が進むということを期待したいと思いますし、その予算をきちっと利用して、私も復興の加速化に頑張っていきたいというふうに思います。
(問)観光アドバイザー会議の提言についてなんですけれども、春にもということですが、例えば、震災5年目に間に合わせるお考えとかありますでしょうか。
(答)3月11日ということではございませんけれども、年度内を目指して。次の会議を年度内にまた開いていただきたいと思っておりますので、できれば年度内にはという思いでございます。
 ただ、時期よりも内容だというふうに思いますので、委員の方々にはしっかりと御議論いただいて、いい提言を出していただきたいというふうに思っております。

(以    上)

ページの先頭へ