メニュー
閉じる

子ども霞が関見学デー[平成28年7月27日、28日]

【7月27日】        
20160727_childph1.JPG   20160727_childph2.JPG   20160727_childph3.JPG
     
20160727_childph4.JPG   20160727_childph5.JPG    
【7月28日】        
20160728_childph1.JPG   20160728_childph2.JPG   20160728_childph3.JPG
     
20160728_childph4.JPG   20160728_childph5.JPG    

 復興庁では、平成28年7月27日、28日に「子ども霞が関見学デー」を開催しました。約80名の小・中学生が復興庁を訪問し、東日本大震災からの復興への取り組み状況などを学びました。復興庁取組紹介映像を使って、東日本大震災の被災状況の振り返りや現地での取り組みについての学習や、宮城県女川町で「女川スペインタイル」を作っている方々と話をしながら「女川スペインタイル」絵付け体験を通し、「宮城」の復興などを学びました。また、長島復興副大臣への質問や、記念写真などの交流を行いました。

 平成28年度「子ども霞が関見学デー」の参加者数について(文部科学省平成28年8月1日発表)はこちらをご覧ください。

(以上)

ページの先頭へ