メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

山元町新庁舎開庁記念式典が開催されました【令和元年5月10日(宮城県山元町)】

5月10日(金)、宮城県南部に位置する山元町の新庁舎の完成を祝い、開庁セレモニー及び開庁式が行われました。山元町では、東日本大震災で被災された住民の住まいと生業の再生を最優先に復興を進めてきたため、被災した役場庁舎は長らく仮設庁舎となっていました。新たな庁舎は『海と山をつなぎ、人と人をつなぐ「要」としてのタウンホール』をコンセプトに、高台に建つ立地からは「復興のシンボル」として、西には太平洋を臨むことができ、復興まちづくりが進む様子を感じることができます。ゆるやかな円形をえがく庁舎は自然光を感じることができ、コンパクトに庁内各所にアクセスすることが可能な利便性の高い建物となっています。

開庁セレモニーでは関係者によるテープカットの後、山元町防災拠点・山下地域交流センターにおいて開庁式典が行われました。



20190510_ph1_miyagi.jpg
【開庁セレモニーでのテープカット】
20190510_ph2_miyagi.JPG
【開庁式】
20190510_ph3_miyagi.JPG
 【庁舎内の様子】
20190510_ph4_miyagi.JPG
【新庁舎外観】

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ