メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

「石巻市復興の森づくり植樹祭2018」【平成30年9月23日(石巻市)】

9月23日(日)、国営追悼・祈念施設として国・県・石巻市が連携して整備している石巻南浜津波復興祈念公園で、「第2回石巻復興の森づくり植樹祭2018」が開催されました。

開会式のあいさつで、「石巻南浜津波復興祈念公園参加型維持管理運営協議会」の古藤野靖会長が、「森づくりを通して次の世代に復興の思いを伝えたい。」と述べ、祝辞では亀山紘石巻市長が、「取り組みの輪がさらに広がれば嬉しい。」と大いに期待を寄せられました。

植樹祭には地域住民や関係団体から約400人が参加し、公園北側のかさ上げ工事が終わった約3000平方メートルの敷地に、ヤマザクラやエゴノキ、クロマツ、コナラなど未来への希望が詰まった約40種3千700本の苗木を、1本1本植栽しました。苗木は「石巻南浜津波復興祈念公園参加型維持管理運営協議会」の会員が、近くの日和山や牧山などで採取した種子を公園内に設けたビニールハウス内で発芽させ、丁寧に育て上げたものです。

石巻南浜津波復興祈念公園は2020年度に完成予定ですが、同協議会は公園完成後も引き続き森づくり活動を実施して行く予定です。10年間で約12万本の植樹を目指しており、一般市民や企業・団体などの協力を得ながら「復興の森づくりサポーター」を募り、復興再生の思いを込めた苗木を大切に育てて行くそうです。

今後、木々が力強く生長していく過程と共に、自然の素晴らしさと復興を実感できる公園として造成されて行くことでしょう。

20180923_ph1_miyagi.jpg
20180923_ph2_miyagi.jpg
20180923_ph3_miyagi.jpg
20180923_ph4_miyagi.jpg
20180923_ph5_miyagi.jpg
20180923_ph6_miyagi.jpg
20180923_ph7_miyagi.jpg
20180923_ph8_miyagi.jpg

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ