メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

「駄菓子で石巻を笑顔に!「だがしの日」イベントが石巻で開催」【平成30年3月12日(石巻市)】

みなさんは「だがしの日」をご存知ですか。

3月12日は日本記念日協会も認める「だがしの日」。毎年駄菓子にちなんだイベントも行われています。今年の3月12日には全国の駄菓子メーカー等で構成する「DAGASHIで世界を笑顔にする会」と「だがしの日イベントin石巻実行委員会」、石巻市の共催による「だがしの日イベント」が石巻で初めて行われました。

この日は強風の中、南浜の「がんばろう!石巻」看板から駄菓子のトーチを持ったランナーによるリレーがスタートし、途中、市内の4つの幼稚園を回ります。幼稚園では園児たちに駄菓子がプレゼントされ、園児たちも大はしゃぎ。その後、リレーは子どもたちと一緒に市総合運動公園を駆け、最後に同公園に設置されている旧国立競技場の聖火台に点火し、フィナーレを迎えました。

公園内では駄菓子の配布会やチンドン屋の演奏、ソフトグライダー選手権も行われ、両手では持ちきれないほどの袋いっぱいの駄菓子を抱えた子どもたちの喜びの笑顔にあふれました。それを見つめる大人たちも、つられて自然と笑顔がこぼれます。

東日本大震災の被災地復興支援と世界平和を目的としたこのイベントには、なんと、趣旨に賛同していただいたバチカン市国のローマ法王庁からも、震災復興と平和を祈念する書簡が主催者宛てに送られています。

子どもたちの笑顔は大人たちも幸せな気持ちにしてくれます。来年度以降は福島、岩手を回ることを計画されているこのイベントの盛り上がりが、被災された方々の心の復興につながることを期待します。

20180312_ph1_miyagi.jpg
20180312_ph2_miyagi.jpg
20180312_ph3_miyagi.jpg
20180312_ph4_miyagi.jpg

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ