メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

「七ヶ浜町応急仮設住宅閉所式」【平成29年3月30日(七ヶ浜町)】

東日本大震災で大きな被害を受けた七ヶ浜町で、町内に唯一残っていた仮設住宅の閉所式が30日、行われました。式には、仮設入居者ら約100人が出席。

復興庁からは、武政宮城復興局長が出席し、挨拶を述べた後、復興のシンボルとして宇宙で8ヶ月間保管された種を育てた「きぼうの桜」の植樹を行いました。

宮城県内では今年3月、多賀城市、亘理町でも仮設住宅から全員が退去し、仮設住宅が残るのは、8つの自治体となっています。

東日本大震災から6年目、復興に向けた取り組みは、これまで蒔いた種が着実に実を結ぶ時です。今後も魅力溢れる町、七ヶ浜町の更なる復興を祈るばかりです。

20170330_ph1_miyagi.jpg 20170330_ph2_miyagi.jpg
20170330_ph3_miyagi.jpg 20170330_ph4_miyagi.jpg

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ